2015年6月14日日曜日

乗務記録 2015/06/13(土)

2015/06/13(土)

第547回目

営業時間:7:00 ~ 2:00
営業収入:53,590
営業回数:34回

旅行疲れ・・・

ではないけど、、、やばかった。
1時過ぎて、3コロ。

もう、諦めていました。トホホ
久しぶりの土曜日、何をやっても失敗でした。

土曜日の足きり超えるのやっとかなぁ?

何をしていいかわからなくなったので
吉祥寺に戻った。

困ったときの西荻・吉祥寺です。(笑)

2時には、スタンドが開くので、これが最後のお客様だ。
なんとか4コロになれば・・・

そんなことを考えて並んでおりました。
ハナ番になって、やっと・・・

お客様
「両国まで・・・」

乗務員
「え~~、本当ですか? 高速でいいですか?」

つい、本音で喜んでしまった。

お客様
「本当!でもね、、、下道で行って」

アレ~~~~ マジ

乗務員
「かしこまりました、青梅街道から京葉道路でいいですか?」

了承してもらい出発。
乗ったときの様子からは、、、酔った雰囲気はなく、
仕事で遅くなったので、タクシーを使った雰囲気でした。

乗務員
「両国の近くになりましたらお声をかけますので、、、
 ゆっくりしていてください」

と言うと中野くらいで寝息が聞こえてきた。
しかし、両国橋手前あたりから

乗務員
「もうすぐ両国橋を渡って両国の駅ですが、、、まっすぐでよろしいですか?」

お客様
「まっすぐ、まっすぐでいいよ」



乗務員
「駅を越えてもよろしいのですか?」

お客様
「まっすぐ、まっすぐでいいよ」



乗務員
「はい、かしこまりました。清澄通りを越えますが?」
お客様
「まっすぐ、まっすぐでいいよ」




乗務員
「はい、かしこまりました。三ツ目通りを越えますが?」
お客様
「まっすぐ、まっすぐでいいよ」




乗務員
「はい、かしこまりました。錦糸町の駅を越えますが?」
お客様
「まっすぐ、まっすぐでいいよ」




乗務員
「はい、かしこまりました。亀戸の駅を越えますが?」
お客様
「まっすぐ、まっすぐでいいよ」

乗務員
「このまま川を越えても本当によろしいですか?」
お客様
「まっすぐ、まっすぐでいいよ」


そして、川を越えたら環七が出てきた。
一之江の交差点。
もうすぐ千葉県だった。
土地勘のない私でもわかった。

何かがおかしい・・・ お客様は、酔っている。(今更)

乗務員
「お客様、目的地のご住所を教えて頂けますか?」


お客様
「両国駅のタクシー乗り場・・・」
チ~~~~ン!
すべてが終わった。(笑)

終わり!

4 件のコメント:

  1. 私も、幾度と無く経験しているパターンです。
    その乗車料金の請求は、その時々で対応が異なってきますが。
    でも、酔った方は、本当に困ります。

    返信削除
    返信
    1. Goma Chan

      お疲れ様です。

      >でも、酔った方は、本当に困ります。

      確かに・・・いい人もいますけどネ

      削除
  2. お疲れ様です。

    僕も、何度か遭遇したパターンです。
    僕の場合、目的地からひと駅越えそうだった場合、お客様の様子を見て「ヤバい」と判断したら、即刻当初の目的地まで引き返して、そこで様子を見ます。場合によっては「交番駆け込み」も止む無しかと・・・。
    この場合、爾後料金5回分は許容範囲かな、と(笑)。

    返信削除
    返信
    1. 東雲2課4班さん

      お疲れ様です。

      >この場合、爾後料金5回分は許容範囲かな、と(笑)。

      今回、私は確信犯です。

      営収が4コロで終わるのが嫌だったので
      両国近辺で9000円。

      往復して5コロになるまで、、、千葉の手前まで
      直進しました。だから、5回どころではないのです。

      私に非がないのですから・・・当然、料金は頂きました。(笑)

      削除