2015年12月5日土曜日

乗務記録 2015/12/02(水)~ 12/04(金)


2015/12/04(金)

第618回目

営業時間:7:00 ~ 2:00
営業収入:61,080
営業回数:33回

2015/12/02(水)

第617回目

営業時間:7:00 ~ 2:00
営業収入:60,710
営業回数:41回

ついに師走突入・・・

今年も終わりが見えてきました。
いろいろ多少、事故みたいな事件はありましたが
事故報告なしが続いております。
まずは、、、1年間、無事故・無違反を達成したいです。(笑)

師走の金曜日、都心で営業しようと
思っておりましたが、青タン少し前に
恵比寿ガーデンプレイスを流しているとお客さま

お客さま
「西荻・・・」

ヒェ~~~ 吉祥寺へ帰れという神のお告げでしょうか?
西荻まで戻されたら・・・わざわざ、都心に自ら向かう
なんてことは、しないなぁ~~~

なんて一人で考えながら、あっと言う間に西荻に到着。
さてさて、どうするか?

五日市街道を吉祥寺方面に流していました。ほらね

すると杖を持った老人と老婆のお客さま。
杖をもった男性のお客さまが乗るのに苦労されまていました。
こんなとき、運転手席からは、何もできません。


お客さま
「小平の公立病院まで・・・」
私も入院したことのある病院でした。

武蔵野市役所を過ぎたあたりで後ろの席で異変が・・・
車を止めるて振り返ると
男性のお客さまの意識が無い様子。
どうしていいかわからずパニックになってしまいました。

乗務員
「119で救急車をすぐに呼びますか?
 それとも消防署に行きますか?」

女性のお客さま
「(冷静な声で)このまま、病院へ急いでください」

乗務員
「はぁ~~、気道確保・・・はい、かしこまりました」


赤信号が長く感じました。
とても、、、とても長く。

病院のタクシー乗り場に到着すると
帰宅するところの看護師さんらしき人が
人を呼んできてくれました。

ストレッチャーをすぐにもってきてくれましたが
ご老人が車からなかなか降ろせませんでした。


動けない人を車から降ろすことがこんなに大変なんて
知りませんでした。

なんとかストレッチャーに乗せ、心臓マッサージを
しながら、病院の中に入っていかれました。

まわりの人がいなくなって、一人放心状態。

どうなんだろう?
私は、ここから何をすればいんだろう?
付き添うの? それとも
このまま、仕事に戻っていいんだろうか?

堂々巡り・・・でした。

そして、タクシーにもどると
無情にもタクシーメーターが上がり続けておりました。
この料金は、誰に請求できるんだろうか?

しかし、ご婦人も顔面蒼白でストレッチャーと
ともに消えて行ってしまった。
そんな状況でお金ください。。。なんて言えませんね。


そのあとは、仕事をしていましたが
マイナスオーラを払拭することはできず、早めに帰庫しました。
今後、どう対応するべきか、少しだけ考えました。

こんな状況で、ベストの対応なんて・・・わかりません。

0 件のコメント:

コメントを投稿